イベント一覧

SL銀河に乗って

はい、みなさん初めまして。
東杜観光ブログ中の人2号です。

今日9月21日は岩手が産んだ天才作家、宮沢賢治さんの命日ですね。

宮沢賢治さんと言えば、言わずと知れた名作「銀河鉄道の夜」
そんなわけで、SL銀河に初めて乗りました。

来年の3月で終了と言われているSL銀河。
観光会社の者とはいえ、人気殺到のプラチナチケット。
個人の旅行申し込みについては皆様と同じ。
毎週のようにネット予約を申し込んでいたのですが、
これがなかなか取れず、毎回抽選から落ちていました。

とある事情通の方に聞いたところ

「花巻からの始発で取るのは至難の業。
 だけど、花巻から遠野までで下車する人がいるので
 遠野から釜石であれば、その空いた席が取れる可能性がある」

 

と聞いたので、遠野駅から釜石駅までで申し込んだところ

何と奇跡的にチケットが取れちゃいました!

なのでまずは遠野へ向かったところ

しかも、この日の遠野は遠野祭りの真っ最中。

数々の民族舞踊や神楽を見ることが出来ました。

お昼まで遠野祭りを楽しんで、遠野駅からSL銀河へ乗車。

石炭の煙を上げるSLカッコいいです!

車内も見どころでいっぱいです。

SLが走り出すと窓の外には
線路沿いや、家の窓から、畑仕事してる人たち
沢山の人が手を振って見送ってくれました。


終着駅の釜石では、虎舞の皆さんがお出迎え。
到着まで約2時間。
楽しみながら、あっという間の旅でした。

旅にまつわるちょっとしたアイデアお届けしたい
東杜観光でした。


梅雨のミラーボール

梅雨の季節も終盤ですが、この季節を彩るあじさいは

まだまだ綺麗に咲いています♪

 

まずは、みちのくあじさい園さんのあじさい。

日本一と認定されているこちらのあじさいの種類はなんと500種。

広大な敷地に初めて目にするあじさいがたくさん咲いています。

30年ほど前から手入れをされているそうです😲

色トリドリ

 

ブドウのようです🍇

こちらは今、蕾の状態。どんな花を咲かせるのでしょうか?

そして最後はあじさいの池。

開催期間の最後の1週間だけ見ることができる

特別な景色。

水に浮かぶ花はまさにフォトジェニック。

お次は、紫波町のあじさいロード。

ドライブしながらお花見が出来るので、雨でも大丈夫👌

とは言っても、車を降りて一つずつの花を見ると、こちらも

たくさんの種類のあじさいが咲いていました。

おっと。

こちらのあじさいは、当社の封筒の色ですね。

土壌のPh度で花の色が変わるあじさいですが

Phスケールで見ると

当社の封筒の色は9~10あたりでしょうか?

 

あじさい色(Ph度重曹または石鹸)の封筒です!

の、東杜観光でした。

 

目と舌で…


ゆきフェス

2022年2月5日から八幡平市内で催されている

『八幡平・安比 ゆきフェスティバル』

期間中は色んなイベントがありますが、

食のイベントでは『雪だるまフード』が楽しめます🎵

その一部をご紹介。

 

『道の駅にしね 和風レストラン』さんの

雪だるまカレー(左)と ほうれん草雪だるまカレー(右)🍛

 

『八幡平マウンテンホテル』さん売店で販売されている

ゆきだるまパン🍞

 

『サラダファーム』さんで人気のたまごプリンも

雪だるまに変身していました😊

 

日本の雪だるまは達磨さんが変化して(過程はわからないようです)

2段重ねになったのに対し

西洋では3段重ねでスノーマンと呼んでいます。

日本の達磨とは意味合いが違って雪人を模った頭・胴・足の三段重ね。

 

当社三階建てです!の、東杜観光でした。

 

ちなみに…

ここ八幡平市は、小林陵侑選手の出身地。

サラダファームさんには

小林選手が使用されたジャンプスーツが展示されていました。

この小林選手が、北京オリンピック2022のスキージャンプ男子ノーマルヒルで

見事、金メダル獲得!!

非常に嬉しいニュースでした🎊

今後の活躍も期待です。

 

おまけに…

サラダファームさんにいる、アルパカさん。

毎日定時にお散歩していて、

この日も間近で見て、触れることが出来ますよ~♪

 


イベントリレー

イルミネーションをよく見かける季節になりました。

盛岡駅西側にあるマリオスでも

今年もマリオスハートフルクリスマスが開催されました🎄

毎年楽しみにしている、この時期だけ見ることができるハートマークの点灯💛✨

点灯は12月22日~25日までの四日間でしたが、

盛岡駅周辺のイルミネーションは2月末まで楽しむことができます。

クリスマスを過ぎると

街は一気にお正月ムードに切り替わります🎍

本年もご愛顧いただきありがとうございました。

年末年始休業いただき、

新年は1月4日から通常営業いたします。

よろしくお願い致します。

 

マリオスの『』は東杜観光の『観光(sightseeing)』の

頭文字です!の、東杜観光でした。

 

 


てくてくツアー👣

に、参加しました😊

 

岩手県立美術館で催された、館内を巡る『てくてくツアー』に参加しました。

美術館ならではの設備や建築技術をガイドしていただき、

いつもと違う視点で見学させていただきました。

たとえば…

 

入館すると真っ先に目の前に広がるスペースの『グランドギャラリー』。

建物が湾曲しています。

これには理由があって、奥行を感じさせる構造の他に

西風が強く吹く場所に建っているので、少しでも強風の影響を軽減させるため、

なんだそうです。

なるほど💡

 

こちらはグランドギャラリーの床。

テカテカした黒い部分とザラザラした灰色の部分はどちらも花崗岩です。

研磨の仕方で、別物になります。

 

お次は柱。

この柱は何で出来ているように見えますでしょうか?

写真では分かりづらいかもしれませんが、木製に見えます。

しかし、正解はコンクリートです。

杉の板枠にコンクリートの流し込み、木目の模様をつけているんだそうです。

温かみがあります。

 

グランドギャラリーだけでも他にも見どころがあったり、

美術館だからこその特殊な設備もあったり…。

 

(撮影は出来ませんでしたので文章のみで)

 

美術館で万が一消火活動が必要になった場合、

作品を守るために水を使うことが出来ません。

そこで、水を使わずに消火するにはイナージェンガスという特殊な不活性ガスを

使うんだそうです。酸素が多いと被害が広がるため、

このような鎮静剤を使って被害を抑えたり、

地震が発生した場合には作品が転倒しないように

個々の作品の土台に仕掛けがあったりと

災害にも適応した設備が備わっているそうです。

 

本来はバックヤードも案内いただけるということでしたが

コロナ禍の為、蜜を避けるという理由から今回は開放的な空間のみでの

ツアーでしたので、通常開催が待ち遠しいです。

 

絵は描けないけど頭は掻ける?東杜観光でした。


祭りと祀り

紫波町にある産直の敷地内で

今年も恒例の『かかし祭り』が行われています。

 

毎年、その年の話題の人物が題材となることが多いですが

地元ということもあって、

マリナーズの菊池選手とエンジェルスの大谷選手の案山子が

何体か見受けられましたが

地元民としてはやはり先輩後輩同士の二人が

花巻東高校のユニホームを持っている案山子が印象に残りました。

 

 

作品を見た後に産直へ向かうと裏手にお社が…

『乳神(ちがみ)』と鳥居に書かれています。

謂れを伝える看板も。

さらに産直にはお饅頭まで売られていました。

おまけに…

お社のそばからは『メェ~メェ~』という鳴き声が!

ヤギ小屋です。

人懐っこくてかわいいヤギたちでした。

 

本題に戻り…

 

かかし祭りは10月末まで開催中です。

このかかしこそ『THE かかし』ですね。

かかしは、T字で立ってますが、

当社は長田町交差点十字路に建ってます!の、

東杜観光でした。

 


田んぼのキャンバスに…

最近ではあちらこちらで目にする『田んぼアート』。

毎年テーマがあり、興味をそそられます。

 

盛岡市近郊、岩手町の田んぼアート。

会場が浮島地区と一方井地区の二か所あり、

それぞれのテーマに沿ったデザインが描かれています。

 

浮島地区(花咲かじいさん)

 

一方井地区(※たまなぼうや&クローバー)

 

※たまなぼうや → 岩手町のマスコットキャラクター

クローバー → アイルランドのシンボル

(東京オリンピックで岩手町はアイルランドのホッケーチームのホストタウンでした。)

田植えから稲刈りまで、稲が成長して徐々にアートが浮かび上がる様子や、

季節が移り替わるとともに変化する稲の色合いを観察するのも楽しみの一つですね!

 

しりとりゲームで『田んぼアート』が出た次は『トウトカンコウ』でお願いします!

の、東杜観光でした。


ナツイルミ✨

どちらかというと、冬に多いイルミネーションイベント。

夏のイルミネーションもいいんです!

というか、

いいところがあるんです!

 

花巻温泉さんバラ園の『ナイトローズガーデン』🌹🌹🌹

暗闇からゲートをくぐり抜けると…そこはロマンチックな世界。

バラとイルミネーションの共演。

さらには、セミも共演に加わります♪

時期的なこともあり、セミが多く見受けられました。

写真は、プリンセスアイコに乗るセミ。

せっかくなので、セミどアップ。

 

日中見るバラ園もいいですが、夜、光に彩られたバラも幻想的です。

夏は夕涼みにもピッタリ。

宿泊されているお客様はもちろん、

バラ園のみの入園も可能ですので、お気軽にお出かけいただきますヨ。

 

花巻温泉さん当社手配可能です!の、東杜観光でした。

 

 


目と舌で…

じめじめっとする、梅雨らしい日が続いてますね。

ブログに掲載した写真も毎回パッとしない空をしてます。

雨の似合う植物といえば、この時期あじさいです。

リニューアルオープンした岩手町の石神の丘美術館のアジサイも

見ごろということで行ってみました=3=3

入館したところでふわっふわのボリューミーな毛虫がお出迎え🐛

 

 

さて。

あじさいの色は土に含む成分で酸性だと青系色、アルカリ性だと赤系色に変化。

日本は火山地帯で雨が多いので弱酸性で青系が多いそうです。

白いアジサイもありますが、もともと色素を持たない品種のようで

何色にも染まらないようです。

 

アジサイの名前の由来は

(集)あづ(真藍)さあい

という言葉が変化したようですので、アジサイは青系のイメージです。

 

アジサイに連想するものといえば、カタツムリです。

見当たりませんでしたので

画像をくっつてセットにしました。

 

これぞ鉄板!?

でも、調べたところ、カタツムリは草食ではあるようですが、

あじさいの葉は毒があるので食べないようです。

意外や意外、カタツムリはコンクリートが好きと書いてました。

確かにブロック塀にくっついているカタツムリを見かけるかも…

カルシウムを取るためらしく、口の中に鋭い牙があり、

嚙み砕くんだそうです(*_*)

アジサイの他にもたくさんの花が見ごろを迎えていました。

ブルーベリーも育っていてなんと、食べてもいいそうで

いただいてきました(^_^)

もちろん、試食程度で持ち帰りNGです。

そして、併設のレストランでは映えなスイーツ、

あじさいパフェがありました。

広い駐車場は、満車になるくらいの混雑でしたが、屋外ということもあり

密ではありませんでした。

ちなみに当社の駐車場はこちらです↓(黄色枠部分)

先着1台ですが、駐車場あります

の、東杜観光でした。

 


開港!

6月19日、岩手の玄関口、盛岡駅前にある開運橋袂の河川敷で

もりおか港(みなと)・新山河岸(しんざんがし)開港祭が開催されました。

 

 

時折雨がぱらつく天候でしたが、開港を祝う人で賑わっていました。

かつては、この北上川で荷物を船で運搬していたようですが

これからは盛岡の新たな観光名所として舟運文化復活ですね。

このもりおか港は木伏緑地にありますが、ここは夜は夜で素敵な場所なんです!

 

なんともムーディー。

これからの季節は、川風を感じながらオープンテラスで

おいしいお料理とお酒がいただけますヨ♪

 

そんな木伏緑地徒歩圏内の、東杜観光でした